買い物なび  出産祝い
 
出産祝いのお話

 出産直後のお見舞いは、肉親と、親しい女性以外は遠慮するのがエチケット。特に夫以外の男性が病室へ入るのはマナー違反なので気をつけましょう。
できれば母子ともに退院して落ち着いたころ、だいたい退院10日〜1ヶ月後ぐらいにお見舞いへ。
 早めにお祝いを贈りたい場合は、デパートなどからの配送することをおすすめします。
 また、母子ともに健康であることを確認してからお祝いを贈りましょう。
 

おすすめプレゼント

 
 なるべく他の人と同じものにならないように配慮しましょう。
 一般的にはベビー用品やベビー服を贈ることが多いのですが、そのようなものはすでに親族が用意していることが多いのです。
 ですから、友人であれば産後半年から1年後に必要となるようなものをプレゼントするのがよいでしょう。
 紙おむつなどの消耗品も喜ばれますが、サイズやメーカーなどにこだわられるお母さんもいらっしゃいますので注意が必要です。
 また、ベビー用品だけでなく、大役を果たしたお母さんへの贈り物も喜ばれます。
ベビー服、ベビー靴、バスローブ等
産後半年から1年後ぐらいに着られるようなもの。最近では質やデザインにこだわった輸入ものの子供服もお母さん方に人気です。
お母さんと一緒に旅行。もしかして一番喜んでもらえるのかもしれないですね。ちょっと早めにゴールデンウイークの間にでもどうですか?
どうしても休みがとれないという方は旅行券をプレゼントするのもよいかもしれません。
おもちゃ、絵本
おもちゃや絵本はいくつあっても困りません。最近では木でできたおもちゃも人気で、デザインも素敵なのでインテリアにもなります。
記念グッズ、メモリアルグッズ
生まれたときと同じ身長・体重のオリジナルテディベアや名入れ絵本そのほかさまざまな、世界に1つだけのプレゼントはいかがですか?
ベビースプーンや乳歯入れなど銀製品もいいですね。
商品券、現金
友人であれば、「何が欲しい?」と直接聞くのが一番ですが、そこまで聞けないのなら、自由に使える商品券、現金を贈るのも1つの手です。但し、外出することも難しいような場合には商品券よりも現金のほうが便利でしょう。
アクセサリー、ブラウス等
お母さんへのプレゼントとしてアクセサリーやブラウス等を贈るととても喜ばれます。

1月成人式  2月バレンタインデー  3月ホワイトデー 卒業祝い  4月入学祝い  就職祝い  5月子供の日 母の日  6月父の日  7月お中元  9月敬老の日  11月七五三 勤労感謝の日 12月お歳暮 クリスマス その他結婚祝い 出産祝い 初節句 新築祝い 結婚記念日 誕生日